【大学受験】受かる人はノート選びもこだわる【本番を想定】

勉強法一般
(お悩み受験生)問題演習をガンガンこなしたいんですけど、ノートってどんなものを使えばいいですか?
(お悩み受験生)選ぶ際に気をつけることがあれば教えてください!
(Studium)合格する人は、ノートにもこだわりがあります
(Studium)選び方のポイントを解説します!

今回は、受験に向けた演習用ノートのこだわりについてお話ししていきます。

ノートの選び方1つ取っても、勉強の効果には差が出ると思います。

こう聞いてもちょっとピンとこない人もいるかもしれませんが、それは一体どういうことなのか、深掘りして解説します。

さらに、タイトルには「受かる人」という少し大げさな表現を入れました。

そのあたりについてもお話ししていこうと思います。

Sponsored Links

ノートを解答用紙にせよ

ノートを解答用紙にせよ

ノート選びのポイントは、「本番の解答用紙に似た形式のものを使う」ということです。

先日、こういったツイートをしました。

東大の場合は、ツイートにある通り

  • 数学→無地のノート
  • 理科→B罫ノート

この選択がベストだと思っています。

例えば白紙に答案を書くのって、案外難しいんですよね。

注意しないと式がどんどん斜めになってしまうこともあるし、式が立てに並ぶと、余白が空きすぎて解答が収まらなくなったりします。

ちなみに、東大数学でよく言われるテクニックの1つに「解答用紙を縦に2分割せよ」というのがあります。

ですがこれをやるにも、慣れていないと線がふにゃふにゃ曲がったり、左右の幅が極端に違っていたりと、なかなか苦労するんです。

こういったことは、実際にやってみなければ分かりませんよね。

ですから本番と同じ形式で演習するというのが大切になってきます。

他の大学を例に出すと、東北大学は数学・理科ともに白紙です。

この場合はどちらも無地のノートを使うのが良さそうです。

解答用紙はどうやって入手する?

有名大学は、予備校が専用模試を開催しています。

「東大入試オープン」「東北大入試実戦模試」といったものですね。

これらの模試では解答用紙の形式まで再現されているので、模試を受ければ解答用紙を知ることができます

もしくは、ネットで「○○大学 解答用紙」と調べれば見つかるものもあります。

少し調べてみたところ、赤本シリーズで有名な「教学社」さんが、色々な大学の解答用紙を公開しているみたいです。

  • 北海道大学
  • 東北大学
  • 東京工業大学
  • 名古屋大学
  • 京都大学

この辺りはすぐにヒットしました。

ご自分の志望校を調べてみると良いと思います。

残念ながら東大は見つからず…笑

マーク試験ならマーク練習

マーク試験ならマーク練習

「本番と形式を揃える」というのは、もちろんマーク式の試験でも同じです。

この場合は、できれば実際に解答用紙を印刷して、塗るところまで含めて練習するのが良いでしょう。

意外にマークに時間がかかって焦ってしまったり、慣れていないと1つずれて塗ってしまったりといったハプニングが起こりがちです。

あるいは、「シャーペンだと時間がかかるな」と気づいて、鉛筆を使おうということになるかもしれません。

本番と同じ状況で練習していれば、こういった細かいことにも気づけますね。

合格する人はとにかくこだわる

合格する人はとにかくこだわる

最後に、少しだけ上のアドバイスを深掘りしようと思います。

ここまで読んできて、「ノートにまでこだわるなんてやりすぎでしょ!」と思った方もいるかもしれません。

ですが、合格する人は、そのくらいの熱量をもっていると思います。

と言っても、それはもちろん「ノートにこだわる熱量」というわけではありません。

「ノートにまでこだわりを見せるくらいの、志望校に対する熱量」ということです。

ちょっと表現はアレかもですが、「大学に片想いしなさい」という格言があります。

好きな人や好きなことだったら、何でも調べて、どんなアプローチでいこうか、と考えたりしますよね。

メタファーの使い方はともかく、受験の本質を捉えているアドバイスではないかと思います。

Sponsored Links

まとめ

以上、問題演習は本番を想定するべき、という話をしてきました。

みなさんの志望校の解答形式はどうですか?

もし知らなければ、それを調べるところからがスタートです。

たぶんこの文章を読んで、大半の人はそのままスマホやPCを閉じて終わります。

95%と言っても良いのではないでしょうか。

ですが、1分でも2分でもせっかく時間を使って読んだわけですから、もしも「なるほど!」と思ったなら、ぜひ行動に移してほしいと思います。

95%の人が行動を起こさないなら、動いただけで上位5%入りです。

みなさんの受験を応援しています。

 

ブログランキングに参加しています。
よかったら一回ずつクリックをお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

Sponsored Links

Sponsored Links