【本質論】学生のコンビニバイトはムダです【スキルと拡張性】

Studiumサロン

お読みいただいてありがとうございます、東大3年の吉田です。

個別指導塾の講師バイトと、大学の学内バイトの経験があります。

 

今回は、「学生のコンビニバイトはムダ」という本心を語ります。

学生の多くは、何らかのアルバイトを経験するのではないでしょうか。

ですがアルバイトは、下手をするとかなりの時間のムダになります。

その理由や僕の考えについて、本音でお伝えしていこうと思います。

さらにそこから、「お金を稼ぐ」ことの2タイプについても、深掘りして解説していきます。

Sponsored Links

バイトは多くの場合、時間のムダ

thinking-lady

学生の多くは、バイトを「趣味のお金」「遊ぶためのお金」のために始めるのではないかと思います。

僕の考えでは、そういったバイトは大半、自分にとってマイナスです。

しかし中には、「学費のためにどうしても働いてお金を稼がなくてはならない」という人もいるでしょう。

そのような人は、別です。

むしろ、「時間のムダ」などと言って大変失礼しました。お詫びします。

 

ムダといっているのは、遊ぶお金のためにするコンビニバイトです。

別にコンビニに限りません。

飲食チェーン店や模試の採点バイトなども、得るものは少ないと思います。

その理由の1つが、スキルが残らないから。

 

コンビニばかりをやり玉にあげて申し訳ないですが、レジ打ちや棚の整理といった仕事のあとに、何が残るでしょうか。

なにか、人生で役立つようなスキルが身につくでしょうか。

多くの場合、残るのは、お給料だけではないかと思います。

僕はコンビニでバイトをしたことはありませんが、大学内でバイトをしたときには、そういう状況でした。

そしてそのお金も、遊ぶため、つまり「自己投資」ではなく「消費」に使ってしまったら…

結局、何も残らないですよね。

むしろ時間を使っている分だけ、マイナスです。

 

よく「バイトは世の中を学ぶ機会だ」なんて言ったりもしますが、「コンビニの世の中」を知りたいですかね?

スミマセン、別にコンビニを悪く言っているわけではなく、「その後の人生に役立つ可能性は低い」と言っているだけです。

将来ローソンやファミリーマートの社員を目指す人にとっては、むしろ、学ぶべき世の中だと思います。

 

しかしこんなことを言うと、「じゃあ時給の高い塾や家庭教師のバイトはどうなんだ?」とお思いの方もいると思います。

たしかに、時給が高かったら、最低限お金は手元に残りそうですよね。

それに、塾講師となれば、スキルも身につきそうです。

そのあたりについて次の節でお話しします。

時給が高いバイトはどう?

時給が高いバイトはどう?

結論、いくら時給が高くても、結局バイトはムダな可能性が高いと思います。

それに、塾講師も、ただ仕事をこなすだけではスキルはなかなか残りません。

これは経験があるのである程度自信を持って言えます。

 

なぜ時給が高くてもムダかと言うと、それには、2タイプのお金の稼ぎ方が関わってきます。

その2タイプとは、

  • 「労働」を売る
  • 「資産」を作る

この通りです。

ちなみに、こういったことはなかなか学校で教わりません。

三角関数なんかよりも、こういった「生き方の知識」の方がずっと大事だと思うんですけどね笑

それに日本では、「お金の話はタブー」みたいな風潮がありますよね。謎です。

お金の詳しい話については、また別の機会にお話ししようと思います。

 

ちょっと話が脱線しました。

2種類のお金の稼ぎ方について、詳しく説明していきます。

お金の稼ぎ方2タイプ

お金の稼ぎ方2タイプ

「労働」を売る

これは、多くの人がイメージする、いわゆる「働く」状態です。

サラリーマンやOLだったら、毎日会社に行って仕事をする。

学生のバイトなら、シフトに入って仕事をする。

そして、働いた分だけ、お給料をもらいますよね。

これは、「『働く』ということを与えて、代わりに『お金』をもらう」という仕組みです。

難しい言葉で、「労働力を提供する」なんて言ったりします。

ある意味、スタンダードな働き方かもしれません。

「お金を稼ぐのにこれ以外の方法があるの?」という感じかもしれませんが、それが、次の「資産を作る」という働き方です。

「資産」を作る

分かりやすく言うと、これは、YouTuberです。

彼らが広告から収入を得ているということは、多くの人が聞いたことがあるのではないでしょうか。

テレビのCM料みたいなものですね。

ここで注目したいのは、彼らがアップした動画は、どんどんたまっていくということです。

YouTuberのチャンネルページを見れば、過去の動画がたくさんあると思います。

その動画はYouTubeにたまっていって、誰でも好きな時に見ることができますよね。

そして動画を見るたびに、彼らに収益が発生するわけです。

つまり、1度世に放ったものが、無限に富を生み出し続けるということ。

動画をアップしさえすれば、あとは彼らが寝ていたって、チャリンチャリン。

…すごいですよね笑

 

これが、資産を作るというお金の稼ぎ方です。

「資産」には色々な定義がありますが、1つの定義は、

  • 自分にお金を運んできてくれるもの

です。

もちろん資産は、YouTube動画に限りません。

アーティストがリリースする楽曲や、作家さんが出版する本なんかも資産です。

あるいは、映画もそうです。

1度作れば、それが上映され続ける限りお金が入ってきますからね。

 

この稼ぎ方と、「労働を売る」稼ぎ方の違いがお分かりいただけるでしょうか。

労働を売る稼ぎ方だと、言ってみれば、「手を動かした分だけ」しかお金は入ってきません。

一方、「手を動かして資産を作る」と、その資産がひとりでに、お金をポケットに運んでくれるわけです。

 

以上、2通りのお金の稼ぎ方をご紹介しました。

お気づきとは思いますが、多くのバイトは、「労働を売る」稼ぎ方です。

これだと、時間の切り売りになってしまいます。

それよりだったら、資産を作ることにチャレンジしたほうが、人生経験が積めるという意味でも僕は良いと思います。

※ちなみにこの2タイプは、「拡張性がない」「拡張性がある」と言われたりもします。タイトルにある「拡張性」という言葉は、そういう意味です。

Sponsored Links

まとめ

以上、大半のバイトは

  • スキルが残らない
  • 時間の切り売りをしているだけ

という話をしてきました。

結局、これら「稼ぎ方」についての知識をお伝えしたかったのです。

ちょっと煽るようなタイトルで、スミマセン。

 

こういった感じで、この「Studiumサロン」カテゴリーでは、生き方やお金に関する学びを発信していきます。

気になった方は、今後もフォローよろしくお願いします。

 

ブログランキングに参加しています。
よかったら一回ずつクリックをお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

Sponsored Links

Sponsored Links