【超簡単】物理、化学が得意な人たちの共通点【即マネ可】

高校理科(物理・化学)
(お悩み受験生)物理を得意になるには、どうしたらいいですか?
(お悩み受験生)化学が得意な人って、やっぱり頭の構造から違うんでしょうか?
(Studium)その疑問にお答えします
(Studium)物理や化学が得意な人の共通点は、超シンプルです

今回は、物理や化学が得意な人の共通点についてお話ししていきます。

初めに導入として僕の経歴を少しだけ紹介すると、僕は高校生の時に「科学の甲子園」という大会に出ました。

同じ高校の生徒がチームを組んで、都道府県予選→全国大会と科学力で戦う大会です。

僕はこの全国大会に出場した経験があり、そこで日本各地から集まる科学の猛者たちを見てきました。

そこで見つけた、理科が得意な彼らの共通点というのを、今回お話ししていこうと思います。

前置きが長くなって申し訳ないですが、早速いきましょう。

Sponsored Links

物理、化学が得意な人の共通点

物理、化学が得意な人の共通点

結論から言うと、物理や化学のエリート高校生の共通点は

図録をフル活用している

これです。

シンプルすぎて拍子抜けしますよね。

ですが、これが事実でした。

仲間内で議論をするときなど、彼らは常に図録を持っていて、その図録はボロボロなんです。

いつも見ている証拠だと思います。

 

はい、今回は以上です、と終わっても良いですが、これだけだと自分の成績には1ミリも影響がないので、ここから深掘りしていきます。

つまり、彼らはなぜ図録を多用しているのだろうということですね。

彼らの「行動」から理科が得意になる「エッセンス」を抜き出せば、自分の勉強法にもそれを活かすことができます。

というわけで、僕なりに図録の効果を考えてみて、次のような背景があるのではないかと思っています。

  • 現象のイメージが湧きやすい
  • 図で見た方が覚えやすい
  • 科学が面白く感じる

ちなみにこれらは単なる当てずっぽうではなく、僕自身の経験にも基づく予想です。

僕も全国大会には出ていますし、センター試験では物理100点、化学96点を取っているので、ある程度は信頼できる内容なのではないかと自負しています。

上の3つについて、順番に解説していきます。

得意ポイント①現象のイメージが湧きやすい

得意ポイント①現象のイメージが湧きやすい

先日こういったツイートをしました。

ツイートからも読み取れる通り、物理ではイメージがとても大事になってきます。

これはもちろん化学でも同じです。

試しに、物理や化学が得意なクラスメイトに、分からない問題を解説してもらってみてください。

きっと彼らは図を描いて説明してくれるはずです。

  • 図を描く習慣がある
  • 現象のイメージを持って問題を解いている

理科が得意な人には、上記の特徴があります。

図録にはたくさんの図や写真が載っていて、これを見ながら勉強すると現象がイメージしやすくなります

得意ポイント②図で見た方が覚えやすい

得意ポイント②図で見た方が覚えやすい

これは特に化学についてです。

無機の沈殿の色を覚える際、「赤褐色」「緑白色」なんて言われても覚えられないですよね。

無機に限らず、有機や理論でも、覚えることはたくさんあります。

そんなときに、図録で写真を見ながら覚えると脳に残りやすかったりします

「百聞は一見に如かず」と言いますが、これは科学的にも証明された事実。

視覚的に得た情報は脳に刺さるみたいです。

得意ポイント③科学が面白く感じる

得意ポイント③科学が面白く感じる

少し綺麗事というか、受験の点数とはあまり関係ないことに聞こえるかもしれませんが、「面白い」というのは勉強の大きなモチベーションになります。

逆に言ったら、「点数はまあまあ取れるけど、好きじゃないな」という科目は、長期的に見ると成績が上がりにくい可能性があります。

受験直前になって難しい問題に当たったりすると、好きじゃないとなかなかやっていけませんからね。

そういう意味では、図録で色々な現象を見て「え!そんなことが起こるんだ!面白いなあ」と思うことが、理科を得意にするためのスタート地点と言えるかもしれません。

少しだけ僕の体験談をお話しすると、僕は最初に最初に放物運動を習った時、「なんて面白いんだ!」と感動しました。

自分の手で計算した結果で、ボールを投げた後の運動を予測できる!素晴らしい!と思った記憶があります。

そこから「面白い」というモチベーションで物理の勉強にハマり、現在東大で物理を勉強するに至ったという経緯です。

 

以上、3つのポイントを解説してきました。

まとめると、

  • 現象のイメージが湧きやすい
  • 図で見た方が覚えやすい
  • 科学が面白く感じる

この3つです。

中でも、最初の「イメージ」が実践的には最も大きなポイントだと思います。

ということで、「エリートは図録を見ている。それは現象のイメージを持つためだ」これが今回のハイライトです。

Sponsored Links

まとめ

以上、物理や化学が得意な人たちは図録を使っているという話をしてきました。

これは今日からスグに真似できる共通点ですね!

とはいえ、図録だけ眺めていても難しい問題は解けるようにならないのも事実。

「得意な人の話は分かったから、じゃあ一体どうやったら苦手を得意にできるんだ」という内容は、またの機会に書くことにします。

そちらも良かったら楽しみにしていてください!

 

ブログランキングに参加しています。
よかったら一回ずつクリックをお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

Sponsored Links

Sponsored Links