【遅れない】物理の授業ノートの取り方3ポイント

高校理科(物理・化学)
(お悩み受験生)物理ってどんな風に板書を取ればいいですか?
(お悩み受験生)丁寧に取っていると遅れちゃうので、コツを知りたいです
(Studium)授業ノートのポイント3つを紹介します!

今回は、物理のノートの取り方についてお話ししていきます。

物理の板書は、式はもちろん、図や説明など、書くことが多くて大変ですよね。

どんな部分に気を付けてノートを取るのが効果的か、3つのポイントに分けて詳しく説明していきます。

これらは、私が今でも大学の授業で心がけているポイントでもあります。

Sponsored Links

物理のノートの意味

thinking-lady

そもそも、板書はなぜノートに取るのでしょう?

色々理由はありますが、その中でもメインの役割が

  • 復習のしやすさ

これにあると思います。

復習のしやすさという部分がポイントです。

考えてみれば、「復習するため」だけだったら、教科書を見れば良いですよね。

内容は全部そこに書いてあります。

実際、ノートは一切取らないで教科書で勉強、という人も中にはいるのではないかと思います。

ですがそれではちょっと厳しいので、授業で先生がしてくれた丁寧な説明をノートに残しておくんですね。

とはいえ、実は内容は教科書にも書いてあるというのもミソ。

こういったことを踏まえて、効果的なノートの取り方を探っていきます。

物理の板書3ポイント

物理の板書3ポイント

私は、

  • 説明>>ノート
  • 図は必ず描く
  • 見た目はこだわらなくて良い

この3ポイントが重要だと思っています。

板書ポイント①説明>>ノート

一応説明しておくと、「>>」←この記号は、「>」のスペシャル版です。

つまり、説明はノートよりも非常に重要度が高い、ということ。

  • ノートを必死に取って先生の説明を聞かない
  • ノートは多少雑だが、説明はしっかり聞く

この2つのうち、圧倒的に後者をオススメします。

上にも書いた通り、ノートを取らなくたって、大抵のことは教科書に書いてあります。

ですから最悪、取りこぼしたところは教科書を見て復習すれば良いのです。

一方、そんな風にあとで自力で取り返せないのが、先生の説明ですよね。

物理は特に、教科書を頭から読むだけでは理解しづらいので、説明をしっかり聞いておくことが重要です。

板書ポイント②図は必ず描く

とはいえ、なるべく、図は必ず描いておきたいです。

それには

  • 理解が圧倒的に進む
  • 図を描く練習になる

という2つの効果があります。

初めのポイントは、先ほど述べたことと少し似ています。

物理はイメージが大切なので、図を描くことで理解が深まりますし、その図が教科書に描いてないことならなおさら取っておくべきです。

2つ目の「図を描く練習になる」というのは、ちょっとピンと来ないかもしれません。

実は、入試レベルの問題を解くとなると、自分で図を描いてみるということがけっこう大切になってきます

図を描くと現象のイメージが湧くし、状況が整理されて解法が浮かびやすかったりもするんですね。

この辺りの「イメージや図の大切さ」については、また別の機会にお話しすることにします。

では自分で的確な図を初めから描けるかとなると、それはきっと難しいと思います。

円がイビツになってしまったりといった技術的な難しさから、どんな情報を抜き出して図にするかという本質的な難しさまで様々です。

その練習をする場の1つとして、板書は格好の素材ですという話です。

板書ポイント③見た目はこだわらなくて良い

これは色々なところでよく聞く話でしょう。

ノートの見た目にすごくこだわって、カラーペンを駆使したり字下げまで完璧に作り込んだりする人がいますが、正直無駄な部分も多いと思います。

理由は、まず1つは先ほどの「説明を聞こう」ということです。

そしてそれに加えて、見た目にこだわるとそもそも内容に集中できないという問題もあります。

「ここは重要そうだから赤で書いて、こっちは青で書いて…」などとやっていて、肝心の「物理」に気が向くでしょうか。

ノートにこだわる多くの人は、残念ながらそこに脳の占有率を取られてしまっているというのが現実だと思います。

多少見た目が悪くても、復習のしやすさにはたぶん影響しません。

そういうわけで、「ノートを取るのが遅くて授業に後れを取っちゃうな」という人には、1度見た目へのこだわりを捨ててみるのをオススメします。

万が一「やっぱり色が無いと見にくすぎるなあ」と思ったら、戻せばいいことです。

ちなみに私のノートは、シャーペン一色です。

Sponsored Links

まとめ

以上、物理のノートの取り方を3ポイントに分けてお話ししてきました。

もう一度まとめると、

  • 説明>>ノート
  • 図は必ず描く
  • 見た目はこだわらなくて良い

の3つです。

ちなみに先日、こういったツイートをしました。

私の場合は、授業資料を先生から頂けるので、復習はそれですれば良いわけです。

ですので授業中は説明を聞くことに徹しようと決めました

ポイントの1つ目ですね。

こういった感じで、ここで紹介したポイントを参考にしつつ、みなさんの学校の授業スタイルに合わせてノートの取り方を模索してみてください!

 

ブログランキングに参加しています。
よかったら一回ずつクリックをお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

Sponsored Links

Sponsored Links