【タイプ別】「英語の長文が読めない!」ときの勉強法

高校英語

英語に苦手意識を持つ一番の要因が、長文が読めないことではないでしょうか。

単語帳はある程度覚えた気がするけれど長文が読めない、教科書レベルの長文なら読めるが入試問題が全然読めない、など人によってさまざまな形で長文の悩みは存在すると思います。

あるいは、分量に圧倒されてしまってそもそも読む気が起きないというパターンもあるかもしれません。

しかし入試の英語で大きなウェイトを占めるのは長文読解です。

ここを避けて通るわけにはいきません。

そこで今回は、英語の長文が読めない原因、そしてそれを克服するための勉強法を紹介していきます。

Sponsored Links

英語長文が読めない原因

長文が読めない原因には、大きく分けて以下の3つが考えられます。

  1. 単語が分からない。
  2. (単語は分かるが)一文が長かったりして文の意味がつかめなくなる。
  3. (文単位では訳せるが)指示語の内容など、文同士のつながりが把握できない。

ご自分がどれに当てはまるかをまずは考えてみてください。

例えば、関係代名詞や分詞が頻出して文の構造を見失ってしまうという場合は2に該当します。

itが何を指すのか分からない、that is whyと書かれているが文章の流れが今一つつかめていない、といった場合は3です。

もしかしたら、1と2など、複数の原因が挙げられることもあるかもしれません。

いずれにしても、一口に「読めない」で終わってしまうのではなく、自分がどこでつまずいているのかを明らかにしましょう。

弱点を分析できたら、次に進みます。

弱点別の勉強法を見ていきましょう。

英語長文の勉強法

単語が分からない場合の勉強法

これは単純。まずは単語を覚えることです。

目指す大学の偏差値によって、必要な語彙数や語彙レベルも当然変わってきます。

その点も意識して勉強に取り組むと良いと思います。

例えば難関大学志望者なら、標準的なレベルの単語はある程度覚えているでしょう。

でも過去問を解いてみると全然読めない。

そのような場合には、今持っている単語帳の、難しい単語が集まった部分のみをもう一度覚え直してみる、といった勉強がおすすめです。

ただし、一つ頭に置いておいてほしいことは、単語の勉強にはきりがないということです。

どんな文章を読んでも知らない単語が一つも出てこない、なんていう境地に達することは不可能です。

ある程度の水準まで覚えたらあとは推測で乗り切る力も非常に大切です。

単語の暗記にあまり凝り過ぎない、時間をかけ過ぎないようにしましょう。

結局、文章の意味を正しくつかめるのであれば単語は全て知っている必要は無いのです。

文の意味がつかめない場合の勉強法

文の構造が複雑であるときに生じる悩みだと思います。

これに関しては、慣れるということが最も効果的でかつ唯一の勉強法です。

具体的には、まずは全訳をしましょう。

一文一文丁寧に構造を見ていきます。

私も東大の英語に初めて触れた時にこの悩みに直面して、数年分の過去問は全ての文章を全訳しました。

数年分も全訳をしていると、だんだんと頭がそのレベルの英文に慣れてきます。

慣れさえしてしまえばあとはスラスラ読めます。

そのために、まずは全訳をして徹底的な構造把握に努めることが必要です。

時間がかかるからといって解答に載っている訳を読むだけでは効果は薄いです。必ず自分の頭で考えて、自分の日本語で訳を書くことが重要です。

そしてさらにアドバイスをすると、その「慣れ」を加速させるのが、音読です。

これもぜひ行ってください。

音読についてはこちらも合わせてどうぞ。

【秘伝】英語の成績を上げるために意識すべきたった一つのこと

文同士のつながりが把握できない場合の勉強法

実は、この場合はそもそも一文の訳がきちんとできていないことが多いです。

つまり、問題の本質は1または2にあるということです。

なぜなら、英語は言語だから。

英文を書いている人は、分かりにくく書こうとはしていません。

文のつながりを生む代名詞や接続詞というのは、適切な位置で適切に使われているはずなのです。

itでは何を指すのか分かりづらい場合には、代名詞を使わずきちんとそれを明示します。

そのようにして書かれた文章でもなお意味が分からないということは、文単位での訳や解釈に不足があるということです。

解説の全訳を読むと、それが直訳であったとしても意味がスムーズに理解できる場合が多いと思います。

ということは、自分の文単位の訳あるいは解釈が、解説のそれに達していないということです。

一文一文にわずかな疑問でさえ残して読み進めていってしまうと、それが積もり積もってある時点で崩壊してしまいます。

その疑問というのが単語由来なのか、それとも文構造由来なのか、それをしっかり見極めて対策を打つ必要があります。

Sponsored Links

まとめ

以上、英語長文のつまずきポイントと勉強法を紹介してきました。

上にも書きましたが、英語は所詮言語です。

やれば誰でも必ずできるようになります。

しかし受験には期限がありますから、闇雲に突き進めば良いというわけではありません。

そこで、実力アップのための近道をお伝えしてきたつもりです。

自分がなぜ長文を苦手としているのかをまずは分析して、そしてそれに合わせた勉強で苦手を克服していきましょう!

Sponsored Links

Sponsored Links